Demolition Navi

解体工事をする意義|近隣住人の安全を確保しよう

慎重に迅速に

全方位への目配せが必要

作業員

もし店舗の移転やリニューアルが必要になり内装解体業者を見つけなければならなくなっても、あせっていい加減な業者選びをしないように気を付けなければなりません。ビルオーナーや管理会社などから工事期限をしっかり守るように言われ、余裕のない状態で内装解体の業者選定を行わなくても済むように、あらかじめ信用できそうな業者に目星を付けておくといいかもしません。なぜなら内装解体には作業時の振動や騒音、そして粉じんの飛散などが付きものになり、これらのことにしっかりと対応しなければ近隣やオーナーなどとのトラブルになるからです。このトラブルを避けるためには事前の現地調査も含めたきちんとした打ち合わせをできる業者を見つけなければなりません。さらに工事期限を頭に入れて作業の予定を組み立てる必要があります。そして不法投棄を避けるために内装解体時に発生した廃棄物の処理を問題なく行ってくれることも非常に重要なポイントです。頭に入れなければならないことがたくさんあって大変ですが、こちらからの多くの問い合わせに丁寧で詳細な応対ができるかどうかが、上記のことを守れる良い内装解体業者を見つけるためのカギになります。もちろん丁寧な応対には見積もりなど金銭に関することも含まれます。その上で作業技術に関することで言えば長年の内装解体の実績がある業者、予算的な面で言えばなるべく近隣にある業者を探すことができればなお良いでしょう。あらかじめ検索などをして内装解体のことを頭に入れておくと、いざ必要になったときにあせらなくても済みます。

内装を確実に片付ける

解体工事

法人がビジネスビルから撤収した場合は必ず内装解体を実施しなければなりません。最初にそのビルにオフィスを整えた時と同様に、撤収するときには確実に片付けておかなければならないのです。そうした内装解体工事は、気軽に業者に依頼することが可能となっています。法人が行うのは机や椅子の撤収と掃除だけであり、あとの内装は業者に解体してもらえばいいのです。発生する産業廃棄物などもそのまま処分してもらえるので、無理に自社で解体工事を行うよりも時間とコストを抑えることが出来ます。コストを抑えようとするあまりに自分たちで内装解体に取り掛かる法人も少なからずありますが、その場合は結局業者に任せることになるのです。余計な出費をすることになるので、内装解体は専門業者に委託するのが一番無難で確実といえるでしょう。内装解体は原状回復と呼ばれる作業の一環であり、所有者に賃貸を返すために行うものです。そういった原状回復は基準が書面で明記されているので、その書類を内装解体を行う業者にしっかり渡しておきましょう。そうしなければどこまで解体すればいいのかわからないのです。解体をやりすぎても、解体が十分でなくても原状回復の基準に達成しないので、必ず書類のやり取りは行いましょう。オフィスの内装は長年の仕様によってかなりごちゃごちゃしたものとなります。そういったものの処分と撤去は時間がかかる仕事になるので、内装解体の期間は長めに見積もっておきましょう。

業者の見分け方

積み木とおもちゃ

内装解体を目的として、業者に頼んだ経験がたくさんある人は稀です。何を基準に選択するのが良いのかや、どの業者に依頼すればいいのかという、根本的な情報を認識してる人はあまりいません。そのため、選ぶ際に最初に着目したほうが良い点は、業者の実績や経験です。内装解体は、個々の物件と業種によって、要求される工事の手法が違います。経験豊富な業者であれば、堅実に依頼を全うするのは明白です。また、依頼した際の対応や、現地調査で詳細な内容まで親切に説明してくれるかなどをチェックし、その業者がどのくらいの経験があるのかを確かめます。2つ目の着目するべき点は、近隣への気配りです。内装解体による振動や騒音、細かな残骸の飛散などの対策が、しっかりできているかが大切です。また作業前の近隣への挨拶や、内装解体時の近隣からの要望への対応などを丁寧に行ってくれるかもポイントです。3つ目の着目すべき点は、業者が法的な認可を有しているかです。内装解体を行う場合、都道府県知事による登録が義務付けられています。そして、現場で生じる産業廃棄物の運搬許可も認可が欠かせません。最後に4つ目の着目すべき点は、業者が提示する見積もり書の水準です。詳細な工事内容まで、丁寧に見積もり書に記載されていることが重要です。また依頼者が質問した場合、つぶさに説明をしてくれる業者のほうが、実際の内装解体業務でも丁寧に仕事をしてくれることが多いです。

慎重に迅速に

作業員

内装解体が必要になったとき、業者の選び方には慎重さが必要です。内装解体作業には振動や騒音などが付きものなうえ、工事期限をしっかりと守らなければならないため、色々な面に目配せができる丁寧な応対が可能な業者を選ぶことが重要になります。

詳しく読む

工事着工前の説明内容

解体工事

兵庫の解体業者選び1つで、工事もスムーズに進む他、施工のみならず、近隣とのトラブルを回避することもできます。工事の特徴は、重機なのか手壊しなのか、技術の違いもあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

詳しく読む

産廃を減らし、費用削減

工事現場

店舗返却やリノベーションなどの内装解体は、産廃を減らし費用削減にもつながります。ただし、残す部分も多くあるため、技術力が問われる工事となります。再利用の相談や、借主・貸主・施工業者の三者打ち合わせに応じてくれる業者がおすすめです。給排水設備の再利用なども含むため、信頼できる業者に依頼しましょう。

詳しく読む