Demolition Navi

解体工事をする意義|近隣住人の安全を確保しよう

産廃を減らし、費用削減

給排水設備等に注意

工事現場

店舗や既存住宅のリフォームなど、解体といっても内装解体を行う場合も多々あります。内装解体は、すべてを解体するよりも費用を抑えることが出来、産業廃棄物を減らすなどメリットの大きな作業です。しかし壊していけない部分などが多くあるため、技術力が問われるものでもあります。賃貸店舗では、移転などに際には原状回復といってスケルトン構造にして返却をする場合があります。内装解体にかかる費用は、産業廃棄物の量によっても価格が大きく変わってきます。そのため、内装解体の際に出る器具や機器のうち、リサイクル出来るものは買取をしてもらう方が得になります。業者に依頼する際は、そういった買取も含めた対応を行っているか確認するといいでしょう。また、工事を進めていくうえで、見えなかった部分にも解体費用が発生する場合もあります。店舗の内装解体の場合は、打ち合わせの段階で、借主・貸主・施工業者の三者で解体について話し合う必要があります。三者の打ち合わせの申し入れにも快く対応してくれる業者を選ぶことが大切です。また、最近では中古住宅のリノベーションも人気です。どの部分を残して、どこを撤去するのか、内装解体にはきちんとした打ち合わせが必要です。リノベーション業者と密に連絡を取り合い、納得のいく解体にすることが大切です。給排水設備・空調設備等の配線や配管が絡むことも多くあります。安易に価格だけを見るのではなく、工事後も安心できる解体のプロに依頼することを心がけましょう。

廃棄物処理も確実

廃品

マンションや店舗に加え、家屋の内装解体に対応している優良業者はたくさんあります。家屋の場合はお風呂やキッチン、トイレなど、各所目的に合わせて依頼できるようになっています。内装解体は廃棄処分までがサービス内容となるため、しっかりと処理してくれるお近くの優良業者を探していきましょう。多くの業者は廃棄物の管理も法律に準じて正しく行われており、廃棄物の中間処理工場を持っているところもあります。そういった業者であれば料金面においても解体作業においても確実な対応で請け負ってくれるでしょう。費用は作業内容によって変わってくるため業者と相談しながら見積もりを出してもらう必要があります。見積もりの概要としては、人数に応じた人件費や解体に使用する機材、廃棄物の運搬、処分費用など込みの価格になります。顧客に誠実な業者であれば、作業の質を維持しながらも業務の効率化をはかり、削減したコストを価格に反映させています。安心して依頼できる業者を探すならこういった事柄に注目しながら選択していきましょう。特に内装解体で費用がかさむのは廃棄物の運搬と処理費用となるため、このポイントでコスト削減などの企業努力を行っている業者は信頼度も高いと言えます。多くの優良業者は自社ホームページを開設しているので、ネットでどういたところなのかを確認するのも良いでしょう。適正料金で確実な内装解体を行っている業者はたくさんあるので安心して依頼できます。

依頼するさいの注意点

作業員

賃貸物件を借り退去時する場合には借り主は借りた時の状態に戻す必要があります。この作業を原状回復作業と言います。賃貸住宅においては原状回復は、部屋を掃除するといった作業が中心になりますが、一方で店舗の場合には内装解体といった作業を行うことになります。お店の場合には、借りた部屋にさまざまな内装を施すことになります。このお店作りに用いた内装によって借りた時の状態から大きく変化します。これらの内装を処分しない物件が居抜き物件と呼ばれるものですが、通常のお店の場合には内装解体をして借りた時の状態に戻す必要があります。このため退去するさいに内装解体は必ず行わなければなりません。内装解体の工事を請け負っているのは工務店などがありますが、内装解体専門の業者もあります。内装解体では解体に関するノウハウが必要であり、未熟な業者に依頼するとトラブルの原因になります。内装解体を依頼する時の注意点としては、見積りと請求金額の違いや、途中で工事内容の変更、既存設備への破損や隣接する店舗や関係者のトラブル、廃棄物の適切な処理などがあります。特に改装や解体においてはその内装がどのように設置されているのか手探りで行うといった性質から、工事をはじめてから追加工事が発生し請求金額が上がる場合があります。また他に営業しているお店がある場合には内装解体による騒音や振動などでクレームの対象となるため事前に関係者と打ち合わせをしてくれる業者を選ぶことがポイントです。

慎重に迅速に

作業員

内装解体が必要になったとき、業者の選び方には慎重さが必要です。内装解体作業には振動や騒音などが付きものなうえ、工事期限をしっかりと守らなければならないため、色々な面に目配せができる丁寧な応対が可能な業者を選ぶことが重要になります。

詳しく読む

工事着工前の説明内容

解体工事

兵庫の解体業者選び1つで、工事もスムーズに進む他、施工のみならず、近隣とのトラブルを回避することもできます。工事の特徴は、重機なのか手壊しなのか、技術の違いもあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

詳しく読む

産廃を減らし、費用削減

工事現場

店舗返却やリノベーションなどの内装解体は、産廃を減らし費用削減にもつながります。ただし、残す部分も多くあるため、技術力が問われる工事となります。再利用の相談や、借主・貸主・施工業者の三者打ち合わせに応じてくれる業者がおすすめです。給排水設備の再利用なども含むため、信頼できる業者に依頼しましょう。

詳しく読む