建物取り壊しは専門業者へ

優秀な業者が多くあります

廃品

近年はマイホームブームにより土地の購入が盛んとなっていますが、その土地に古家があるためそれを解体するケースが多く出ています。また企業移転などによってその跡地を有効活用する観点でビルを取り壊すといったケースも少なくありません。こうした建物解体では大掛かりな作業となるため、専門業者へ委託することが一般的となってます。兵庫県もそうした地域のうちの1つで、兵庫県内には多くの専門業者がしのぎを削っています。ここでは建物解体を兵庫県の専門業者へ委託する場合の流れについて紹介します。まずはインターネットなどで兵庫県にある専門業者をリサーチし、いくつか関心のある専門業者をピックアップします。ピックアップしたらそれぞれの専門業者に現地調査してもらって見積書を徴収します。このとき金額の妥当性もさることながら、その内容の妥当性についても検討が必要です。見積書を比較検討して、適切な業者が決まったらその業者へ発注します。発注後は専門業者とともに近隣へ挨拶します。解体工事では騒音や埃、振動などが発生し、周辺住民には大きな負担を強いることとなりますので、そうしたことを踏まえて丁重に挨拶回りをします。そして解体する建物に足場養生を設置するとともに、騒音や埃を防ぐため防音・防炎シートが貼られます。その後、建物内部にある不用品を撤去した上で、建物本体の解体作業を行います。壁、屋根、梁、柱などを重機を使って慎重に撤去します。建物本体の解体後は基礎部分の撤去も行います。解体作業によって発生した廃材については廃棄物の分類に従って仕分けし、廃棄物処分場で適切に処理します。最後に更地になった土地を整地し、現場確認を経て一連の作業が完了することとなります。

優良業者の判断材料

家と重機

兵庫を含む近畿地方での解体業者の選定には、比較・検討サイトの活用や、関連事業社からの紹介もあり、初めての依頼の不安を解消できます。建物解体工事に限定せず、前後に生じる問題まで解決する総合力も魅力で、使う見込みのない空き家問題をはじめ、測量や境界線などの近隣との不動産トラブルまでが一例です。また重要視点となる見積もりでは、兵庫の現場での調査が評価され、一般的な電話や口頭での見積りでは、着工した後々、金額の誤差でトラブルに繋がるリスクがあります。兵庫での解体工事は相場に対し、決して安い金額ではなく、ましてや適正額は素人目には分からず、合い見積りが評判です。兵庫の解体業者、少なくとも2社を選び、必ず同じ条件、立ち会いの下で比較し、見積もりによる費用を算出してもらいます。同様に、遠方から兵庫の解体業者を探すケースでも、立会いによる合い見積もりは重要で、遠方からでも駆け付ける心配り、顔が見えることで優良業者を見分けることに繋がります。また、ビルやテナントなどの内装に対し、兵庫の解体業者に依頼する場合にも、現場調査は必須ですが、ビル管理会社の同席を求めてくるのか、実際の工事着工でのトラブル回避に繋がっています。例えば、スケルトン渡しで返却する際、管理会社が立ち会うことで、建物によっては、工事をする時間に制限があったり、戸建てと違い、配線や配管などの共有部分に問題が生じます。返却方法や現状復帰工事について、注意点をしっかり確認させる、さらには周囲環境まで配慮する業者が評価されています。

更地は沢山のメリット

工事現場

以前は住んでいたが、今は利用されず、空き家として置いてあるケースがよくあると思います。また住むかもしれないから、一応置いておいたり、どう対処したらいいのか分からない為、そのまま放置している、空き家など、様々なケースがあります。しかし、その状態では、劣化による倒壊の危険性があったり、ゴミの不法投棄、不法侵入、放火などの犯罪に利用される可能性があります。もしそれらが理由で近隣の住人に危害がかかるような状況になれば、損害賠償につながる可能性があります。それらを防ぐ為にも、解体という手段を取る事が選択肢の一つです。損害賠償と比較しても、解体費用の方が安いですし、更地にしてしまえば、次の購入者が新築を建てやすい利点があるので、土地の売買がしやすくなります。古家付きでの売買は難航しがちなので、空き家を解体するメリットは十分にあります。その他、家の修復作業にて、新築同様の状態に戻す場合でも、事前に解体工事をしておく事で、効率よく工事する事が出来、工期の短縮になります。兵庫県で家の解体を考えている場合、たくさんの業者があるので、どこを選べばいいのか分からない場合があります。兵庫県には兵庫解体工事業の協会があり、そこに問い合わせて、どのようにして解体の手続きをしていけば良いのかや、どの業者を選べばいいのかなどを問い合わせてみてもいいでしょう。もしくは、兵庫解体工事業協会の会員一覧に、兵庫県の解体業者のリストがあるので、問い合わせてみたり、口コミをインターネットで調べて見るのも一つです。

慎重に迅速に

作業員

内装解体が必要になったとき、業者の選び方には慎重さが必要です。内装解体作業には振動や騒音などが付きものなうえ、工事期限をしっかりと守らなければならないため、色々な面に目配せができる丁寧な応対が可能な業者を選ぶことが重要になります。

詳しく読む

工事着工前の説明内容

解体工事

兵庫の解体業者選び1つで、工事もスムーズに進む他、施工のみならず、近隣とのトラブルを回避することもできます。工事の特徴は、重機なのか手壊しなのか、技術の違いもあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

詳しく読む

産廃を減らし、費用削減

工事現場

店舗返却やリノベーションなどの内装解体は、産廃を減らし費用削減にもつながります。ただし、残す部分も多くあるため、技術力が問われる工事となります。再利用の相談や、借主・貸主・施工業者の三者打ち合わせに応じてくれる業者がおすすめです。給排水設備の再利用なども含むため、信頼できる業者に依頼しましょう。

詳しく読む